Latest on twitter:

External sound source could help spruce my old works up a bit.
So I just re-re-edited “Unknown World (from Dragon Quest 1)" which I’d managed to rustle up some sound sources and made it in 2008, by Miroslav Philharmonik Cinema Strings ; highly cost performance one.
I love whole this sound and articulation, but the instruments panning seems to reproduce ” Stokowski's seating plans”  that is used by most orchestras today, vividly, so roughly use on dance music and the like needs thorough review on panning.

打ち込みを始めたころに比べ、色々とお気に入りの音源がそろってきたので以前作ったものを再考してみようと思い、2年前に作った”広野を行く(ドラゴンクエスト1フィールド音楽)”のアレンジを、abletonlive付属のストリングス音源からコストパフォーマンスが高くお気に入りのMiroslav Philharmonik 音源 Cinema Stringsに差し替えてアップしました。
音色、アティキュレーションとも大好きなのですが、各楽器のパンの振りがストコフスキー以降の現代配置(高音左、低音右)を比較的はっきり再現したものになっているのでダンスミュージックなどでざっくり使いたいときの定位調整は少し手間かなと思います。